ビックカメラのタブレット 17,800 円 (税抜) で今年も発売決定! ( SG080iBK/SL : Windows10 / Atom / メモリ2GB / ストレージ64GB / ステレオスピーカー / microHDMI / Full HD)

ビックカメラのタブレット 17,800 円 (税抜) で今年も発売決定! ( SG080iBK/SL :  Windows10 / Atom / メモリ2GB / ストレージ64GB / ステレオスピーカー / microHDMI / Full HD)

昨年の年末、ビックカメラが突然発売した Si02BF に続く第二弾の Windowsタブレット SG080iBK/SL が 本日 2015/12/22 に 17,800 円 (税抜) で予約開始されました!

今度のモデルもスペック的には昨年のものと比べて大きく見劣りするものではなく、OSがWindows 10 になって登場です。

 

カラーは2色。ブラックモデル(SG080iBK) とシルバーモデル(SG080iSL) です。

 

こちらがブラックモデル。

00000003279997_A01SG080iBK

 

 

 

こちらがシルバーモデル。

00000003279998_A01SG080iSL

 

 

円安になってしまった今、2万円を切る価格で発売されるのは難しいのではないかと予想していたのですがさらに2,000円もお安くなって登場しました!(Si02BFの19,800円から17,800 円 にプライスダウンですからね!)

さらに10%のポイント還元がありますから実質税込17,000円くらいでゲットできることに!

 

2014年モデルの Si02BF が手に入らなくて悔しい思いをしたみなさん、悩んでいる暇がないことはすでにご存じですよね。(仕入れ分が無くなった場合、入手が困難になるという情報を入手! 詳しくは → こちらを参照のこと

ちなみにSi02BF は1月上旬にはほぼ完売状態でしたから、今回の SG08iBK/SL も早めに確保した方が良さそうです。

 

 

 

 

型番 SG080iBK/SL (BK … ブラックモデル/SL … シルバーモデル)
カラー ブラック/シルバー
CPU インテル Atom プロセッサー Z3735F
メモリ 2GB DDR3L
ストレージ 64GB
OS Windows 10 Home 32bit
ディスプレイ 8インチ IPS液晶モニター マルチタッチ(5点)
画面解像度 Full HD 1920 x 1200
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n (W52、W53、W56)
Bluetooth Bluetooth 4.0
端子/スロット microUSB端子・microHDMI・microSDカードスロット・3.5mmオーディオ端子
カメラ 前面カメラ:200万画素 背面カメラ:500万画素
センサー GPS/AGPS Gセンサー
スピーカー 内蔵ステレオスピーカー 0.5W ×2
マイク 内蔵マイク
電源 AC電源アダプター(AC100-240V 50/60MHz)/内蔵型リチウムポリマー充電池(4000mAh)
連続使用可能時間 動画再生 約4~5時間/音楽再生 約20時間※ 使用時の環境や条件によって変わることがあります。
外形寸法 (W)約123.5 x (D)約8.3 x (H) 約213.6mm
質量 約360g

 

※追記情報

  • ビックカメラとソフマップの商品情報に記載されているバッテリーの容量は正しくありません。(両サイトの400mAhは誤記)
    メーカーに問い合わせをして正しい数値(4000mAh)を確認しました。
    ビックカメラには訂正依頼を出すということでした。(2015/12/22 16:58)
  • ビックカメラとソフマップのサイトに掲載されていたバッテリー容量の値が正しいものに変更されていることを確認しました。(2015/12/22 17:35)

 

【 購入できるオンラインショップ 】

ビックカメラ   SG080iBK(ブラックモデル)
      SG080iSL(シルバーモデル)
ソフマップ   SG080iBK(ブラックモデル)
      SG080iSL(シルバーモデル)

個人的にはビックカメラでシルバーモデルをポチりました!

 

 

下記記事もぜひご覧ください。

ビックカメラのタブレット SG080iBK/SL で利用したい周辺機器をリストアップしました

 

メーカーにいろいろ聞いてみました! どこよりも詳しいビックカメラ専売タブレット(SG080iBK/SL)の情報をピックアップ!

 

コメントを残す