半沢直樹 最終回のあとの続編は?

半沢直樹 最終回のあとの続編は?

TBSの人気ドラマ「半沢直樹」が先日最終回を迎えたようです。

原作とは若干配役の立ち位置を変更してしまっているため、原作ファンの方には許しがたい展開の部分もあったようですがTVドラマ化っていうのはメリハリを付けるために設定が若干変更されてしまうこともよくあることです。

もちろん、あまりにも人気が出てしまったため続編を作る際にはそのあたりが足かせになりそうな気もしますが、大胆なアレンジで原作と違う終わり方をしたTBSの日曜劇場「JIN -仁-」のこともありますし、アナザーストーリーとしてうまくまとめてくれるんじゃないかと思っています。

 

 

オレたちバブル入行組

バブル期に大手銀行に入行し、今は大阪西支店融資課長の半沢直樹。支店長の命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を半沢に押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢に残された手は債権回収しかない――。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。しかも入行以来いいことなしのバブル世代。しかし嘆いてばかりじゃ始まらない。顔を上げろ、プライドを捨てるな、そのうち負け分を取り戻してやる! 働く者すべての勇気を奮い起こさせる痛快エンターテインメント。

文庫版を探す

電子書籍版を探す(kobo)

 

 

次回作の予定はまだ未定ということですが、原作はすでに3作目がリリースされていますから1年以内に制作発表があるんじゃないでしょうか。

 

オレたち花のバブル組

東京中央銀行のバブル入行組・半沢直樹に押しつけられた「頭取命令」――それは巨額損失を出した老舗ホテルの再建。銀行内部の見えざる暗躍、金融庁の「最強の検査官」との対決。出向先での執拗ないじめ。次から次へと襲い来る逆境を、半沢はおのれの正義で迎え撃つ。オレたちは絶対に負けられない。まとめて面倒みてやる。やられたら倍返しだ! “バブル組”の男たちのプライドが胸を熱くさせる。

文庫版を探す

電子書籍版を探す(kobo)

 

 

個人的には3作目の「ロスジェネの逆襲」のストーリーが気にかかります。

ロスジェネの逆襲

「半沢直樹」シリーズ第3弾となる『ロスジェネの逆襲』は、バブル世代の主人公が飛ばされた証券子会社が舞台。親会社から受けた嫌がらせや人事での圧力は、知恵と勇気で倍返し。ロスジェネ世代の部下とともに、周囲をあっと言わせる秘策に出る。直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!
書籍版を探す
電子書籍版を探す(kobo)

 

 

某IT企業で実際に起こった出来事をベースにした物語が展開されていくっぽいので、そのあたりを知っていると何倍も楽しめそうな予感がします。

 

 

とりあえず原作をゆっくり読んでみようと思って、電子書籍版を全巻購入してみました。

個人的にかなりおススメの楽天のkoboは、電子書籍を50%オフで購入できるクーポンなどもよくばら撒かれているので、こちらの最新作も600円でゲットできました!

 

読書の秋ですのでこの機会にkobo glo をお手元に!
紙の本と違ってかさばらないですし、フロントライトも付くので就寝前のお供にも向いていますよ。

 

 

 

 

 

コメントを残す